契約書の文例と書き方 » 雛形・書式・テンプレート(商取引関係) » 機械リース契約書

機械リース契約書の書き方〔雛形と例文〕



スポンサーリンク



機械リース契約書【無料の雛形・書式・テンプレート】

貸主がリース物件を購入して、これを借主に貸与し、借主からリース料を受領するのがファイナンス・リース契約です。

機械リース契約書のサンプル(見本)

機械リース契約書


 ○○リース株式会社(以下「甲」という)と△△工業株式会社(以下「乙」という)は、機械のリースに関して、次のとおり契約を締結した。


第1条(リース) 甲は、株式会社○○製作所から、後記表示の機械(以下「リース物件」という)を購入し、これを乙に対し賃貸(リース)し、乙はこれを借り受ける。

第2条(リース料) リース物件のリース料は月額金○○円とし、乙は、毎月末日までに翌月分を甲の指定する銀行口座に振込送金して支払う。1か月に満たない期間のリース料は日割計算とする。

第3条(リース期間等) リース物件のリース期間は、平成○年○月○日から平成○年○月○日までの○年間とする。

2 期間満了2か月前までに甲乙いずれからも別段の申出がないときはさらに1年間延長するものとし、以後も同様とする。

3 本リース契約は、前2項のリース期間中は解約することができない。

第4条(善管注意義務) 乙は、リース物件を善良な管理者の注意義務を以て管理し、リース物件について、譲渡、転貸、担保提供、その他一切の処分をなしてはならない。

2 乙は、リース物件が甲の所有物であることを明示するとともに、第三者がリース物件につき権利を主張する場合には、直ちに甲に対しその旨を通知しなければならない。

第5条(保守管理) 乙は、その責任と費用負担において、リース物件について部品交換、修繕、その他の保守管理を行うものとする。

第6条(保証金) 乙は甲に対し、本契約から生ずる一切の債務を担保するために、保証金として、金○○円を預託する。

2 前項の保証金には利息を付さない。

3 甲は、いつでも、第1項の保証金を乙の未払債務に充当することができ、充当額相当額の保証金の追加預託を乙に対し求めることができる。

4 甲は、契約終了後リース物件の引渡が完了した後、乙の残債務に充当した後の保証金残額を乙に返還するものとする。

第7条(付保) 乙は、リース物件につき損害保険を付し、保険金請求権の上に甲のために質権を設定するものとする。

第8条(解除等) 乙は、次の各号の一に該当する場合、何らの通知催告を要せず、直ちに期限の利益を失い、残リース期間のリース料全額を直ちに甲に支払うものとする。

  • ① 乙が、本契約の条項に違反したとき
  • ② 乙の振出または裏書にかかる手形・小切手につき不渡りが発生したとき
  • ③ 乙につき破産、民事再生手続き、会社更生その他商法上の整理、特別清算等の申立のあったとき
  • ④ 乙につき、第三者から、差押、仮差押等がなされたとき
  • ⑤ その他、乙の信用が著しく悪化したとき

  以上、本契約の成立を証するため本書2通を作成し、甲乙記名捺印の上、各1通を保有する。


平成○年○月○日

東京都○○区○○町○丁目○番○号

甲 ○○株式会社

代表取締役 ○○○○ 印

東京都○○区○○町○丁目○番○号

乙 △△株式会社

代表取締役 △△△△ 印

リース契約のメリット

ファイナンス・リース契約は、借主にとって、自ら購入するよりも安い資金で機械を使用することができ、またリース料全額を経費に計上できるという税務上のメリットも受けることができます。

期限途中での解約

ファイナンス・リース契約においては、貸主がリース物件を購入する際に投下した資本の回収を確保するために期間途中での解約を認めないのが通常です。

更新後のリース料

期間満了時には、貸主投下資本をすでに回収していますから、一般的に更新後のリース料は安めに設定されます。本書式ではこのような規定は入れませんでしたが、更新後のリース料を安く設定するのであれば、その旨明記してください。

契約書の文例(商取引関係)