契約書の文例と書き方 » 雛形・書式・テンプレート(不動産取引) » 資材置場賃貸借契約書

資材置場賃貸借契約書の書き方〔雛形と例文〕



スポンサーリンク



資材置場賃貸借契約書【無料の雛形・書式・テンプレート】

本書式は、資材置場として利用する場合の契約書です。この場合、建物所有を目的としませんから、借地人を厚く保護する借地借家法の適用はありせん。

資材置場賃貸借契約書のサンプル(見本)

資材置場賃貸借契約書


  ○○○○(以下「甲」という)と△△株式会社(以下「乙」という)は、甲が所有する後記土地(以下「本件土地」という)を目的として、次のとおり賃貸借契約を締結する。


第1条(目的) 甲は、本件土地を資材置場として利用させる目的で、乙に賃貸し、乙はこれを賃借する。

第2条(賃料) 賃料は、月額金○○○○円とする。

2 乙は前項の賃料を、毎月末日限り翌月分を甲方に持参して支払う。

第3条(契約期間) 賃貸借期間は、平成○年○月○日から2年間とする。ただし賃貸借期間満了2か月前までに当事者のいずれからも異議がないときは当然に1年間延長するものとし、その後も同様とする。

第4条(禁止事項) 乙は本件土地を第1条記載の目的以外に使用してはならず、以下のことを禁止するものとする。

  • ① 本件土地を第三者に賃貸すること
  • ② 本件土地の賃借権を第三者に譲渡すること
  • ③ 本件土地に建物その他の工作物を設置すること
  • ④ 本件土地の現状に変更を加えること

第5条(契約期間中の解約) 第3条の契約期間内においても、乙はこの契約を解約することができる。この場合には、乙は2か月前までに相手方に対してその旨を通知するものとする。

第6条(契約解除) 甲は、乙が本契約条項の一に違反したときは、何らの催告をしないで直ちに本契約を解除することができる。

第7条(明渡し) 本契約が終了したときは、乙は直ちに本件土地を原状に復して甲に返還するものとする

2 乙が前項の返還義務を怠ったときは、1日につき金○○○○円の損害金を支払う。


  上記契約の成立を証するため、本契約書2通を作成し、甲乙各1通を保有するものとする。


平成○年○月○日

東京都○○区○○町○丁目○番○号

甲 ○○株式会社

代表取締役 ○○○○ 印

東京都○○区○○町○丁目○番○号

乙 △△株式会社

代表取締役 △△△△ 印

損害賠償額の予約

損害賠償額の予約は、公序良俗に反しない限り、任意に定めることができます。

契約書の文例(不動産取引)