契約書の文例と書き方 » 雛形・書式・テンプレート(不動産取引) » 駐車場使用契約書

駐車場使用契約書の書き方〔雛形と例文〕



スポンサーリンク



駐車場使用契約書【無料の雛形・書式・テンプレート】

駐車場賃貸借契約は、建物所有を目的とするものではないため、借地借家法の適用はありません。そのため、賃借人の立場は基本的に弱いものとならざるを得ません。たとえば、賃貸人の解約申入れに正当事由は必要なく、理由のいかんにかかわらず、賃貸人は契約条項ないし民法の規定(第617条)に従い解約の申入れをすることができます。

駐車場使用契約書のサンプル(見本)

駐車場賃貸借契約書


  賃貸人○○株式会社(以下「甲」という)と賃借人△△有限会社(以下「乙」という)は、次のとおり、駐車場賃貸借契約を締結した。


第1条(合意) 甲は、乙に対し、甲が所有する下記駐車場(以下「本件駐車場」という)を自動車台数1台(車両番号○○番)の保管場所として使用する目的で賃貸し、乙はこれを借り受けた。

  • (駐車場の表示)
  • 住所      東京都○○区○○町○丁目○番地
  • 名称      ○○駐車場
  • 駐車位置番号  ○○番

第2条(賃貸借期間) 本契約の契約期間は、本契約成立の日から2年間とする。

第3条(賃料) 賃料は1か月金○万円とする。

2 乙は、前項の賃料を毎月末日限り翌月分を甲に持参または甲の指定する銀行口座に振り込む方法で支払うものとする。

第4条(敷金) 甲は、乙から、本契約成立時に敷金として金○○万円(月額賃料の3か月分)を受領した。

2 甲は、本契約終了後、乙が本件駐車場を完全に明け渡した後において、甲に対する乙の未払債務の弁済に敷金を充当し、なお残額が存する場合に限り、その残額を乙に対し償還するものとする。

3 敷金には利息を付さない。

第5条(賃借人の義務) 乙は甲の定めた管理規則に従って、善良なる管理者の注意をもって、本件駐車場を使用しなければならない。

第6条(賃貸人の免責) 甲は、その責めに帰すべからざる事由により駐車場にある乙の自動車に何らかの損害が生じたとしても、これについて何ら責任を負わないものとする。

第7条(解約) 甲乙は、少なくとも3か月前の予告をもって、この契約を解約することができる。ただし、乙は予告に代え、3か月分の賃料相当額を甲に支払って即時に解約することができる。

第8条(無催告解除) 乙が本契約条項の一に違反したときは、甲は何らの催告通知を要せず、直ちに本契約を解除することができる。

第9条(原状回復、損害金) 乙は本契約が終了したときは、直ちに自動車を移動し、かつ残留品を撤去して本件駐車場を原状に復してこれを甲に返還する。

2 乙は、甲に対し契約終了の日の翌日から原状回復の完了に至るまで、1日につき金○○○○円の損害金を支払わなければならない。


平成○年○月○日

東京都○○区○○町○丁目○番○号

甲 ○○株式会社

代表取締役 ○○○○ 印

東京都○○区○○町○丁目○番○号

乙 △△株式会社

代表取締役 △△△△ 印

免責条項

駐車場賃貸借契約は、その性質上いわゆる自動車荒しなど、不測の事態に対処するため本書式(第6条)のような免責条項を入れておきます。

契約書の文例(不動産取引)