契約書の文例と書き方 » 雛形・書式・テンプレート(業務委託・請負) » 業務委託契約書

業務委託契約書の書き方〔雛形と例文〕



スポンサーリンク



業務委託契約書【無料の雛形・書式・テンプレート】

業務の依頼の際に一般的に使われる書式の基本型です。本書では、この他にも具体的に頻度の高いいくつかの書式例をあげていますので、参照してください。

業務委託契約書のサンプル(見本)

業務委託契約書


 委託者○○株式会社(以下「甲」という)は、受託者△△株式会社(以下「乙」という)に対し、次のとおり業務の委託をします。


第1条(委託業務) 委託業務は、○○○○とし、次の事項を含む。

  ○○○○

  ○○○○

  ○○○○

第2条(委託期間) 委託期間は、平成○年○月○日から平成○年○月○日までとする。ただし、委託期間の満了前2か月以内に甲乙のいずれからも異議がないときは、自動的に更新されるものとし、以後も同様とする。

第3条(委託料の支払い) 委託料は、月額金○○万円とし、甲は、乙に対し、翌月の10日までに当月の委託料を支払うものとする。

第4条(秘密保持) 乙は本契約に関して知り得た情報を一切他に漏洩してはならない。

第5条(報告義務) 乙は、甲の求めがあるときは、委託された事項についての情報をすみやかに報告しなければならない。

第6条(契約解除) 当事者の一方が本契約の条項に違反したときは、当事者は何らの催告もせず直ちに本契約を解除し、また被った損害の 賠償を請求することができる。

第7条(協議) 本契約に定めのない事項については、甲乙協議の上、定めるものとする。


 以上、委託契約の成立を証するため、本書を2通作成し、各自記名捺印の上、各1通を保有する。


平成○年○月○日

東京都○○区○○町○丁目○番○号

甲 ○○株式会社

代表取締役 ○○○○ 印

東京都○○区○○町○丁目○番○号

乙 △△株式会社

代表取締役 △△△△ 印

仕事の始期

仕事の始期は必ず記載するようにします。終期にづいては、決定していれば期限を記載し、そうでない場合には、当事者の一方が契約の終了を通告した日から何日以内などの規定を設けることもできます。

契約の更新

本例第2条のように、契約の更新についての規定も設けておくとよいでしょう。

その他の業務委託契約

その他、業務委託契約としてよく利用されるものには、駐車場管理、経理、集金、清掃業務、警備、研究開発、調査、講師業務、編集業務、商品管理、品物保管、商品販売などがあります。

契約書の文例(業務委託・請負)